新着情報

相手がどう思うか、何をしたらよいか?という事が、気になってばかりでした。

● 相手がどう思うか、何をしたらよいか?という事が、気になってばかりでした。

こんばんは、國本英子です。

あなたも、相手に求めてばかりで苦しい気持ちが、解消されますよ。

自分がどう思っているのか?に、目を向けられるので、しんどさがなくなります。

そして、もっと愛されるあなたになれるんです。

たとえば彼女は、自分がどう思うか?に目を向けて、こんな風に変わりました^^

毎日、色々な感情が出たり、変化があって、かなり濃密な期間でした!

本やセミナーだと、その瞬間はよいのですが、日常ではなかなか落としこめず、つい思い込みや妄想が、出てしまう私にとって(^-^;

日々、メールをやり取りさせて頂くことで、少しずつ気付き、ブレをニュートラルに戻そうと、自分のクセを、意識できるようになってきました。

そして、相手がどう思うか、何をしたらよいか?という事が、気になってばかりだった私。

でも、その都度、優しく的確なメッセージを送って頂き、まずは自分がどう思うか、どの様に見て感じるか?というところに、ようやく、目を向けられるようになりました。

あのまま、ただ悩みながら、相手に求めるばかりになってしまわず、今回のカウンセリングで、自分の在り方を見直す事ができて、本当によかったです!

これからも、自分軸を大切にして、より愛される自分でありたいと、思っています。


いかがですか?

相手がどう思うか?ばかりが気になると、自分の意見が言えなくて、いろんなことをガマンしてしまいます。

そして、積もり積もったガマンが爆発する。

すると、今度は、爆発させてしまった自分を、責めてしまいませんか?

あなたが思っていることに、正しい、間違いは1つもないんです。

自分の気持ちを大切にしましょうね^^

そして、自分がどう思ってるか?に意識を向けると、相手に振り回されることがなくなります。

相手に求めなくても、ありのままのあなたで、愛されるようになれますよ。

2017.05.19 | お客様の声 ブログ

認めただけで、こんなにも違うものなのか︎と、驚いています。

● 認めただけで、こんなにも違うものなのか︎と、驚いています。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、自分のことを認められるようになり、ラクになれますよ。

まわりを気にしている自分をダメだと思っていると、苦しくなります。

でも、そういう自分なんだよね〜と、自分で認めてあげるだけでいいのです。

たとえば、彼女は、自分の気持ちに素直になったことで、こんな風に変わりました。

昨日はお世話になりました。

教えて頂いた通りに、帰宅後、紙に書き出してみました。

周りを気にして、善人でいたい自分がいて、「終わりにするのが、一般的によしとされてるから、終わらせなきゃ︎」と、勝手に色々制限してた事に、気付けました。

書き出す事によって、わかったことがあります。

私、周りから、どう思われているとか、自分では気にしていないと考えていましたが、おもいっきり、気にしていた自分がいました…^_^;

英子さん、私、彼の事が好きです。

自分であらためて気付き、やっとそれを認めてみました、認めちゃいました。

「私、彼がすき。」そう認めたら、心が軽くなり、まわりの世界がキラキラしてるように感じます。

にこやかになれるのです♪

認めただけで、こんなにも違うものなのか︎と、驚いています。(心身共に、スッキリしない日々が、続いていたので・・・)

話を聞いてくださり、穏やかな口調で、色々と教えてくださり、ありがとうございました。心が軽くなりました。

英子さんの優しい雰囲気に、安心感をおぼえました(^ ^)


いかがでしょうか?

彼女は、自分の中にある気持ちにフタをして、一生懸命、いい子のふりをしていました。

でも、そういう自分がいると認めただけで、世界が変わったのですね。

まわりを気にしてしまったり、自分の気持ちを否定する自分が、いてもいいんです。

そのことを、ただ「そうなんだね」と思うだけで、気持ちがラクになり、現実が変わりますよ。

2017.04.17 | お客様の声 ブログ

ずっと自分を責めてきたけど、もういいんだと思えました。

● ずっと自分を責めてきたけど、もういいんだと思えました。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、自分を責めることがなくなりますよ。

なんで、私ばっかり・・・という出来事も起きなくなります。

いつも、穏やかな気持ちで、過ごすことができるのです。

彼女は、自分を応援するということを知って、こんな風に変わりましたよ。

先日は、ありがとうございました。

「結婚できない」と勝手に決めてしまっていたこと。

彼に対して、自分では自覚していませんでしたが、悲劇のヒロインと、アピールしていたこと。

だから、彼も攻撃的な内容のメールであったことを言われて、正直、びっくりでした。

そして、「自分を応援してあげて」との言葉、考えもしませんでした。

ずっと自分を責めてきましたから・・・。でも、もういいんだと思えました。

まずは、自分がときめくようにしたいです。


自分を責めなくてもいいと、思えるようになって良かったです(*^o^*)

あなたの1番の味方って、実はあなた自身なのです。

その1番の味方が、何かある度に、自分を責めていると、「私は、責められるのが当たり前」と、潜在意識が認識します。

なので、まわりが攻撃的な態度を取ってきたり、いつも、あなたが悪いと、責めてくるようなことが、起きるのですね。

自分を責めるのは、もうおしまい。

まずは、責めてしまう自分を、そのまま認めてみませんか?

「あ〜、今、自分で自分を責めちゃったなぁ」と、思うだけで大丈夫^^

あなたも、自分を責めることがなくなり、さらに、まわりからも責められなくなりますよ。

2017.04.13 | お客様の声 ブログ

ずっと、認めてあげられなかった自分を、受け入れることから始めます。

● ずっと、認めてあげられなかった自分を、受け入れることから始めます。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、自分自身のことを、認められるようになりますよ。

そして、こうなりたい!と望んでいることを、叶えられるようになるのです。

クライアント様からご感想をいただきました。

彼に、距離を置かれてる今。

毎日が辛く、元に戻りたい!の思いばかり、ぐるぐると出て、心の逃げ場がなくなってました。

そこから楽になりたい、できれば、彼とまた、恋愛関係を素直に出し合ってた頃に、なりたい。

藁をも掴む思いで、カウンセリングを申し込みました。

色々お話して、英子さんからアドバイスいただいたことは、一貫して「もっと自分を、認めてあげたら?」ということ。

ブログで何度も読んで、知っていたのに・・・。

今回、直接お会いして、言葉で聞いて、色々質問に答えながら、私を知っていただいた実感を持つと、同じ言葉でも、心にずっと響きますね。

「そんなに、そのままでいたいの?」
「ダメな自分(やりたくないことをやらないまま)でいたいの?」

これを何度も言われ、ドキッとしました。

私って、自分で変わらないことを選び、そこにしがみついていたんだなぁと。

ずっと、認めてあげられなかった自分のことを、まず受け入れる。

そこから始めようと思います。

確実にひとつ自分が進みました。受けて良かったです。


誰もが、変わることを嫌がります。変わることを、怖いと感じているからですね。

今が、どんなに嫌な状態で、変わりたいと思っても、変われないのは、それが理由です。

なので、少しずつ、今とは違うことをしていって、恐怖を感じないくらいの変化を、積み重ねていくのです^^

まずは、今の状態の自分を「これも自分だよね〜」と認めてみる。

それだけで、ラクになれますし、こうなりたい!の自分に近づきますよ。

2017.04.10 | お客様の声 ブログ

思ったままで、これでよかったんだ、と自信が戻ってきた感じです。

● 思ったままで、これでよかったんだ、と自信が戻ってきた感じです。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、自分の思っていることに、自信を持てるようになりますよ。

自分の意見を何度言っても、受け入れてもらえないという経験があると、相手に合わせた生き方になっていきます。

それは、自分に自信をなくしているから。

でもね、本当は、あなたはあなたらしく生きていいのです。

まわりがどう思うか?じゃなくて、あなたの考えを優先して、大丈夫ですからね^^

たとえば、彼女は、人の都合で生きることをやめようと決めたら、どんどん、自分のやりたいことが、出てきましたよ。

うすうす気づいていたものの、「人の都合で生きるものという教え」を、一生懸命守ろうとしている自分に直面し、泣くほど悔しくて、バカみたいでした。

教えをやめた今、「こうなりたい」「やってみよう」が出てくるようになり、「心の奥では、どうしたいか?ちゃんとわかっていたんだ」と、安心しました。

実は、どうなりたいか?を引き出していただいた時、言いながら、

「こんなこと言ってもいいのか、図々しくないか、くだらなくて笑われるんじゃないか」

と、びくびく、目の前が真っ白になっていました。

でも國本さんにスパッと、「いいじゃない!」と言っていただき、感激!

光がさしました。

「私はこのままでいい、何か言われても気にしない」ということも教えていただき、思ったままで、これでよかったんだ、と自信が戻ってきた感じです。

國本さんに会うたび、理解が深まるのが、すごくわかります。

これから、イメージもたのしんで、へこんだら元に戻って、一歩一歩進んでいきます。


今まで、守らなければと思っていたことを、やめると決めるだけで、自分に自信が出てきます。

なぜなら、自分の思うがままに生きることは、自分を信じることになるからです。

自信とは、自分を信じるということ。そして、自分の経験を信じるということです。

あなたも、自分に自信を持てるようになり、堂々と過ごせるようになりますよ。

2017.04.07 | お客様の声 ブログ

まさか、母に対する思いが、今の私の状態を作っていたとは、目からウロコでした。

● まさか、母に対する思いが、今の私の状態を作っていたとは、目からウロコでした。

こんばんは、國本英子です。

今、悩んでいる大元は、子供時代のお母さんとの関係が、影響しています。

お母さんに愛されないと思っていると、つい、意地悪なことをして気を引いたり、わざと怒られるようなことをしたりします。

そうしなければ、見てもらえないと、思い込んでいるからです。

そして、大人になると、みんなから認めてもらうためには、自分アピールを頑張らなければならないという気持ちになります。

すべては、お母さんに愛されていないという、思い込みから来ているのです。

國本さん、先ほどはありがとうございました。

まさか、母に対する思いが、今の私の状態を作っていたとは、目からウロコでした。

いろいろな方のブログを見て、よく親との関係がとか書いてますが、私には関係ないと、思ってました。

そして、母に対して気が楽になり、母に対して接するのが、今は楽しみです。

母も年なのに、意地悪娘だった私と、おさらばできそうです。

私も、自由に伸びやかに、生きていけそうです。

結局、自分の事が、一番わかっていなかったわけですね。

なんだかこれからが楽しみです。


お母さんに対する気持ちが変わって、良かったですね〜〜〜(*^o^*)

いろいろなところで見る情報、多くの方が、彼女と同じように「私には関係ないよね」と、スルーしていきます。

ただ、悩んでいるときに、見つけたものなら、それもあなたへのメッセージ。

お母さんは、あなたのことを、ちゃんと見ていますし、愛しています。

愛されるために頑張らなきゃ!は、卒業できますよ。

2017.04.01 | お客様の声 ブログ

自分を幸せにするために、まずは、自分の思考に注意しますね。

● 自分を幸せにするために、まずは、自分の思考に注意しますね。

こんにちは、國本英子です。

親の言う通りにすれば褒められた。

そういう経験をしていると、親基準の幸せを、自分の幸せだと思ってしまいます。

ただ、親とあなたとでは、考え方も生き方も、全然違うので、なんだか生きづらくて、モヤモヤしてしまうのですね。

あなたは、あなた基準で生きていいのですよ。

クライアント様のご感想を紹介しますね。

カウンセリング中に何度か「どうしてそう思うのか?」と聞かれましたが、「どうしてか」あまり考えたことがなかったので、答えを出すのが大変でした。

でも「どうして?」って考え、自分の声を聞く事が大事で、それが、自分を大切にするってことにも、繋がっていくんだなと思いました。

自分を幸せにするために、まずは、自分の思考に注意しますね。

そして、親基準になっているところを見つけたら、私基準に修正して、やりたいことはやる!やりたくないことはしない!を、徹底します。

何をすれば、自分を大切にできるのか、ようやく理解できたように思います。

カウンセリングを受けることができて、本当に良かったです。


親の言う通りにすれば、幸せになれる!と思っていると、自分がどうしてそう思うのか?と聞かれたとき、戸惑うのです。

自分の本音を言ったら、不幸になるんじゃないかと、思っているからですね。

あなたにとっての幸せは、あなた自身がわかっています。

モヤモヤしたり、いつも悩みがあったりするのは、あなたの心が、気づいて!ってサインを送っているから。

あなた自身の幸せを、一緒に見つけていきませんか?

2017.03.28 | お客様の声 ブログ

誰かを責めることがないので、心が穏やかです。

● 誰かを責めることがないので、心が穏やかです。

こんばんは、國本英子です。

あなたも、相手を責めることがなくなり、気持ちがラクになりますよ。

相手は悪くないって、本当はわかっていても、つい、責めてしまうことってありますよね。

そして、責めてしまった後、どうして、そんなことしてしまったんだろうと、自分も責めてしまう。

自分を責めることほど、辛いものはないと思います。

そういう自分から卒業して、心穏やかになれますよ。

カウンセリングを受けてから、心がすーっと軽く、楽になりました。

英子さんも最初、おっしゃったように、相当重いものを、背負っていたのでしょうね。

誰かを責めずにいられるし、何よりも、大好きな彼を責めずに済んで、心が穏やかです。

そして、彼への愛おしさが増しました。

大好きすぎて、どう表現したらいいのか?わかんないくらい。笑

今の状況もひっくるめて、彼を愛したいって思えます。

そして、最初から彼と相思相愛で、彼との関係性は何も問題ない。

でも、私自身に問題があると、こうやって現実に現れて、彼とのお付き合いに、妨げが生じてしまうのですね。

彼に会えなくても、愛されてる実感があるから、とーってもしあわせです。

愛してくれてありがとう(はあと)って、感謝の気持ちを伝えたいくらいです。

英子さん、本当にありがとうございました!!


気持ちが落ち着いたことで、自然と、感謝の気持ちも出てきたのですね^^

あなたも、彼も、どちらも悪くないんです。

起きた出来事に対して、「そうだったんだね」と思うだけで、気持ちはラクになります。

相手を責めたくないのに、どうして責めてしまうのか?

あなたも、その理由がわかり、心穏やかに、過ごせるようになりますよ。

2017.03.27 | お客様の声 ブログ

まさか、私が母親の母親代りをしているとは、思ってもみませんでした。

● まさか、私が母親の母親代りをしているとは、思ってもみませんでした。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、モヤモヤした気持ちをスッキリできて、ラクになれますよ。

本当にやりたいことが何かわかって、毎日楽しく過ごせるようになります。

それに、甘えるのが苦手という意識も、なくなるんです。

なので、好きな彼から、ますます愛されるあなたになれますよ。

今日は、電話カウンセリングありがとうございました。

モヤモヤしていた部分もスッキリして、カウンセリングお願いして良かったです。

そして、長女で本当の甘え方が分からない私に、甘え方のヒントもいただけて良かったです。

本当にやりたい事をやって、自分を満たすことが一番の近道。

根本には母親との関係があって、まさか、私が母親の母親代りをしているとは、思ってもみませんでした。

彼と仲直りして、楽しく過ごせるように自分を満たすこと。

彼を信じて進んでいきます。


お母さんのお母さん代わりをしていたのは、そのときに必要だったから。

でも、大人になった今、あなたは、あなたの好きな人生を生きていいんです。

一人でいる時間、自分の本音のままに過ごしてみましょう。

それだけで、まわりに甘えられるようになりますよ。

甘え上手な女性は、男性をメロメロにします^^

あなたも、大好きな彼から、もっと愛されるようになりますよ。

2017.03.25 | お客様の声 ブログ

もっと、楽にしてもいいんだよーと、仰って下さってから、ストンと肩の力が抜けました。

● もっと、楽にしてもいいんだよーと、仰って下さってから、ストンと肩の力が抜けました。

こんにちは、國本英子です。

あなたも、自分のやりたいことを、自由にできるようになりますよ。

幸せになることも、愛されることも、条件なんて1つもないんです。

ずっと、こうしたら怒られると思って生きていると、自由にするための一歩が、怖く感じますよね。

でも、その一歩を、カンタンに踏み出すことができるのです。

はじめて、カウンセリングを受けさせて頂いて、緊張していましたが、私のつたない言葉もしっかりと拾って下さり、ありがとうございました(*^^*)

私の中に、幸せになる為の厳しい条件が、沢山ありました(^^;

カウンセリングを思い返しても、苦しくなるばかりの「◯◯じゃないといけない」が、いっぱい・・・

國本さんに、どうしてそうだと思うの?どうしてダメなの?と聞かれると、そういえばどうしてダメなんだろう?と、自分自身で疑問に思う事ばかりでした。

でも、もっと、楽にしてもいいんだよーと、仰って下さってから、ストンと肩の力が抜けました。

ひとつ思い出した事があります。

母が、「自分の子供は無条件で、みんな可愛いに決まっている、大切に決まっている」と、言っていた事を。

幸せになる事、愛される事に、条件は一切必要ないですね(*^^*)

やりたくない事は、やりません。やりたい事、やっていきます。条件を付けず。私を幸せにしたいです(*^^*)


あなたは、誰よりも幸せになっても、みんなから愛されます。

もう、自分に条件をいっぱいつけなくても、大丈夫なんです!

まずは、自分一人でできる「やりたいこと」を、やってみましょう。

1つできたら、新しい「やりたいこと」をやってみる。

それの繰り返しで、どんどん、あなたの条件は外れていきます。

あなたも、自分にダメ出しすることなく、自由に好きなことをできるようになりますよ。

2017.03.23 | お客様の声 ブログ

Page top